・池袋の絶対王者「くら寿司」

これまで、池袋東口の高コスパ寿司屋の顔は『くら寿司』だった。店外に客があふれかえり、開店から終日90分から170分待ちが続く様子はまさに絶対王者。そんな王者の下、表面上は安定していた東口。だがしかし、スシローの進出でかりそめの平和に終止符が打たれようとしている。
susiro27
くしくもスシローが池袋に進出した9月15日は、旧暦だと『関ヶ原の戦い』の日。池袋に住む者の1人として、この東口を分ける戦いの行方は見守らなければならない。結果いかんによっては、私(中澤)の食生活も大きく変わることになるからだ。
susiro7

・スシローに群がる狂戦士(バーサーカー)たち

というわけで、スシローにやって来た。9月15日から21日のプレオープンの営業時間は、11時30分から21時までだが、出店日の11時時点ですでに10人ほど並んでいる。呆れた寿司狂たちだ。なお、21日以降は平日11時から23時、土日祝は10時30分から23時のオープンとなる。
susiro6
susiro5
開店時間が来て店内になだれ込む人々。郊外の人気店が激戦区に進出したとだけあって、その勢いから期待がヒシヒシと感じられた。ひょっとしたら、スシローは天下統一を成し遂げてしまうかもしれない。
susiro29

・スシローが用意した武器

しかし、スシローもくら寿司に脅威を感じているのだろうか? 出店に際し、「ローストビーフマウンテン(300円)」という武器を用意しているようだ。ローストビーフの上にマウンテンだと!? なんかよく分からないが凄そうだ。
susiro30

・その姿……まさにマウンテン

席に着いて注文してみると、さっそく注文専用レーンで到着。1枚でも十分にネタになるローストビーフが、シャリの上にうず高く重なっている。その姿……まさにマウンテン。1貫食べてみよう。パクッ。
susiro11
susiro12
──その時、歴史が動いた。幾層にも重なったローストビーフのジューシーさにヨーグルトソースと甘辛のタレのトリプルアタックは、さながら織田信長の3弾打ち! その濃いめの味はシャリとよく合っており、ボリューム感も抜群だ!!
susiro13

・天下分け目の池袋

その他にも、しめ鯖とシャリをバンズで挟んだ「鯖バーガー(サバーガー)」など、スシローならではの “攻めてる” 寿司メニューが印象的だった。
susiro21
また、わさび以外に、焼塩、七味唐辛子など、薬味も充実しているので、普通のネタもスシロー独特の味で食べることができる。特に肉系のネタには、薬味が活躍するだろう。
susiro8
王道の魚介類ネタのアレンジを得意とするくら寿司と、寿司の常識を覆す革命的なメニューを繰り出すスシロー。果たして、池袋寿司ウォーズを制するのはどちらなのか? 今後も池袋東口から目が離せない!

・今回紹介した店舗の情報

店名 スシロー南池袋店
住所 東京都豊島区南池袋1−16−18
営業時間 月~金11:00~23:00 / 土・日・祝10:30~23:00
定休日 無休