・生きたまま急速冷凍されたドジョウ

今回用意した「冷凍どじょう」は、釣り具・アウトドア用品などを販売するタカミヤが取り扱っているもの。その特徴は2つあり “急速冷凍” と “生き締め” で処理されている点だ。つまり生きたどじょうを急速冷凍しているため、稀に生き返ることがあるらしい。

img_9579

この冷凍どじょうを求め、記者は神奈川県横須賀市まで急行しその場にあった全て、合計13袋の冷凍どじょうをゲット。店員さんに「生き返ったの見たことありますか?」と尋ねたところ、笑顔で「ないですね!」と即答されてしまったが、そもそも餌として水の中に入れてしまったら、生きているかなんて気にしないのが普通だろう。

img_9592

・39匹を水に返す

それはさておき、1袋に3匹のどじょうが入っているから、合計39匹のどじょうで検証を行うということになる。パッケージにはしっかりと「ごく稀に生き返ることがございます」と刻まれており、1 / 39の確率ならば “ごく稀” と言っても差し支えあるまい。

img_9600

カッチカチの状態をキープしつつ事務所へ帰還。タライに水を張り検証を開始した。真空パックされたどじょうを、1匹ずつ水へ戻していく単純な作業だが、もし生き返るかと思うと作業も自然と丁寧になる。そして30分ほどかけ、全てのどじょうを水に返し終えた。

img_9621
img_9611
img_9635

ここからは自然解凍されたどじょうが、生き返るのを待つのみである。パッと見た感じ、どの どじょうたちもいつ動き出しても不思議ではないほどイキイキとした表情をしている……! 果たして奇跡は起きたのか? 気になる結果は次ページへ急げ!!

関連記事
スポンサーサイト
[PR]