・3大流星群「ペルセウス座流星群」がやってきた!

「ペルセウス座流星群」は、「ふたご座流星群」と「しぶんぎ座流星群」に並び、毎年安定して多くの流れ星が流れることから3大流星群と呼ばれている。例年、8月13日前後にピークを迎えるが、2016年のピークは12日! しかも今年は日本で観測しやすい条件が整っているという。

・今年は好条件! 2分に1つ以上見えちゃうかも!!

国立天文台によると、流星群がピークを迎える極大時間は22時頃。21時頃から流れ星が出現しはじめるとのことだ。ただ、日本で観測に適した時間は、12日夜半~13日未明だそう。というのも、0時以前はまだ月が出ているから。少し待って月が沈んだ頃が観測しどきみたいだぞ。ちなみに月の入りは、東京の場合0時03分と予想されている。

ピーク時間なら1時間に40個以上、熟練者なら80個以上の流れ星が観測できると言われている。マジか! 40個としても2分に1個以上の計算だ。これは期待しちゃうなぁ。

・ネット中継もやってるよ!

観測は、人工の明かりの無い場所で空を見渡そう。望遠鏡などは不要だ。流れ星はピンポイントで見るより、広く見渡した方が見つけやすいそうだ。

月明かりの影響もないし、観測しやすい時間だし、冬ほど寒くはないし、しかも翌日は土曜日! ガッツリと流れ星を見るには最高の条件かもしれない。

だが、郊外まで出かけられない……という人は、ネット中継を利用するというのもアリだ。21時~0時まで、YouTube のウェザーニュースチャンネルで中継があるので、そちらもチェックしてみよう。流れ星、見れたらたくさんお願いしたいなぁ!

参照元:国立天文台[1] [2] [3]ウェザーニュース