・最初の1匹目は「ヒトカゲ」にしろ

チュートリアル時、「フシギダネ」「ゼニガメ」「ヒトカゲ」の3匹が出現する。ピカチュウを捕まえる裏ワザもあるが、ここではヒトカゲのゲットをオススメしたい。なぜならヒトカゲは、全ッ然出現しない激レアモンスターだからである

hitokage

もしかしたら地域性もあるのかもしれないが、「ピカチュウの巣」も「フシギダネの巣」も確認されており、ゼニガメもまあまあ見かける……のだが、ヒトカゲは気配すら感じない! 現に102匹モンスターを捕まえた記者でさえ、ヒトカゲは0匹だ。

・青チーム以外に入れ

ポケモンGOの魅力のひとつに、ジムがある。ジムでは「敵チームとのバトル」や「所属チームとのトレーニング」が可能なのだが……トレーニングなんてしゃらくせえ。ジムは相手チームをぶっ潰し、乗っ取ってナンボである

aoteam

現在のところ、日本では青チームに所属している人が多数を占めているとされているため、青チームに所属してしまうとバトルの機会が少ないのだ。ちなみに記者は赤チームに所属しているから、見渡す限り青のジムばかりだとワクワクしてくる。潰し甲斐があるってもんよ。

・ジムにモンスターを置いたら盾のマークを押せ

どんなに弱いモンスターでも、タイミング次第でジムにモンスターを配置することが可能だ。初めてジムにモンスターを置くと感極まってそれだけで満足してしまうが、「ショップ」の右上にある盾のアイコンを絶対に押し忘れてはならない。

tatenoma

実はこのアイコン、「現在何匹のモンスターをジムに配置しているのか?」が表示されており、アイコンを押した時点で1匹につき10コインがもらえるのだ。現在のところ、課金しないでコインを得られるのはこの方法だけ。絶対に押し忘れないようにしよう。

・「ほしのすな」は慎重に使え

例えば初めて間もない頃、「CP(強さの目安を表すポイント)」が300くらいのカイロスをゲットすると、死ぬほどテンションが上がり「こいつをウチのエースにする!」という人がいるのはわかる。だが、絶対に “ほしのすな” で強化してはいけない

kyouka

なぜならレベルが上がるにつれ、ゲットできるモンスターも強くなるからだ。現在記者はレベル24だが、CP1200くらいのカイロスなら余裕で出現する。“ほしのすな” を使うのは、自分が厳選したモンスターだけにした方が、後々絶対に後悔しない。

・モンスターはまんべんなく育てるな。厳選して強化しろ

では、どんなモンスターを何体育てればいいのか? 基本的には好きなモンスターを育てればいいが、一部の例外を除いては「進化するモンスター」にほしのすなを使うといいだろう。

sodate

育てる数だが、ジムでは6体のモンスターを同時に使えるため、まずは戦闘用に6体。あとは「自分が何体同時にジムに置きたいか?」を考え、置く用に数体を用意すればいいハズだ。記者の場合は置く用に5体なので、合計11体のモンスターを育てようと思っている。それ以外には1粒もほしのすなは使わない。

・ポケストップで出ないアイテムはむやみに使うな

ゲームを開始した時点で「しあわせのタマゴ」や「おこう」など、それ以降はポケストップでは獲得できないアイテムがいくつか道具箱に収納されている。「どんなもんだろ?」ととりあえず使いたく気持ちはわかるが、気安く使うと後々泣くハメになるから注意しよう。

siawase

特に「しあわせのタマゴ」は、進化で経験値を大量獲得する際にのみ使用することを強くオススメする。……ジャンジャン課金する人ならば、どう使ってもいいかもしれないが。

──以上である! さらに突き詰めていけば、「モンスターの個体値」や「技」「属性」「相性」などもあるが、記者は個体値くらいしか気にしてない。……が、ジムでは5体くらい相手でも余裕で勝てる!! これから始める人のアドバンテージは「ある程度の情報が判明していること」だ。ぜひ参考にしてほしい。

参考リンク:ポケモンGO公式サイト