・普段は絶対に硬め派

以前の記事で、芸能界きってのそうめん好き、藤井フミヤさんが推奨するそうめんの茹で方「フミヤスタイル」をご紹介した。パッケージにある表示時間よりもマイナス30秒で茹でることで、そうめんのコシを極限までに引き出す調理方法である。

記者もフミヤスタイルを知る前からコシの強いそうめんが好きで、「そうめんはプツプツしたキレ味が命!」と思いながら30年以上も生きてきた。というか、そうめんに限らず麺類は硬めが好みで、むしろ茹ですぎたブヨブヨの麺は好んで食べたくない。きっと私と同じ考えの人は多いことだろう。

それなのに、冒頭でお伝えした『4分そうめん』である……ウマいわけがない! むしろマズいに決まってる!! とはいえ、ネット上で「新食感」「斬新な茹で方」「この発想はなかった」と称賛の声が集まっているのだ。これはそうめん大好きっ子として、確かめるしかあるまい……。

・「4分そうめん」のレシピ

【材料】
そうめん:適量
氷水:大量

1:大きめの鍋で、そうめんを4分茹でる。吹きこぼれに注意。

2:ザルにあげたら水で粗熱を取りながらヌメりを取る。

3:さらに、大量の氷水で締めつつよく洗う。

──以上である! 普段、1分そこそこしかそうめんを茹でない私からすると、麺はかなりの水を吸収している。だがその分、氷水から引き揚げたそうめんはいつもよりツヤツヤと輝いている

・食べてみた

さっそく食べてみると、な……なるほど! そういうことか!! まず、心配していたブヨブヨ感は全くない。氷水でしっかりと締められているから、伸びている感覚は皆無だ。

そして『4分そうめん』最大の特徴は、口当たりの良さにある。ムチムチッとした食感は艶やかで、これはこれでそうめんの新しい魅力といえよう。プツプツとした食感だけではない、今まで知らなかったそうめんの顔を見た気分だ。

なお、注意点としては氷水で締める際、凍傷寸前レベルで手が冷たくなるから注意して欲しい。記者はフミヤスタイル支持派だが、3回に1回くらいは『4分そうめん』でもいいかな? と思えるほど、画期的な調理方法であった。これからの時期に、ぜひ1度試してほしい。