・栃木って行ったことあるか

実写化というだけでも驚きなのに、まさかの中国が制作。人民日報など主要メディアが報じた、同作のあらすじをザックリいうと、

「小学生の貴樹と明里の恋と言うにはあまりにも淡い関係。互いにひかれあう2人だったが、転校で離れ離れになることに。栃木、種子島と絶望的な距離のなか貴樹は高校生~社会人になってもどこかで明里を思い続けるのだが、だがしかし……」

──といった具合の話だ。見方によっては、貴樹による10年単位のスーパー空回りストーリーであり、見たあと鬱かポエマーになるしかない。

それが中国で実写化。印象的な台詞のひとつに貴樹が転校する明里に告げた「栃木って行ったことあるか」があるが、なんやなんや、中国版なら「なぁ、四川って行ったことあるか」か? 想像できない!

・当局がすでに許可

制作に関しては、すでに当局の審査も通過しているという。信じられなかったので、中国全土のメディアを監督する「国家新聞出版広電総局」のサイトをのぞいてみたところ、先日発表された「審査通過リスト」に『秒速5センチメートル』は、確かに名を連ねていた。

・アニメをベースに中国テイストな実写版か?

それ以上の詳細は公式には明らかになっていない。だが、アニメをベースに中国要素も取り入れられると見られ、中国報道によると、すでに脚本制作の段階に入っているとのこと。主人公の名前は「小鹿(シャオルー)」。

じゃあなんだ、2人の小学生時代は、共産党スカーフを巻いているとか? 貴樹が高校時代を過ごす種子島編は、同じくロケット発射場がある内モンゴル自治区になるとか? でもって、素朴でいじらしく可愛いモンゴル少女(花苗ちゃん)とイイ感じになりそうになりつつも、やっぱり DT 卒業式を迎えられないとか? あの絶望を、黄色い大地 ver でもやるかと思うと、何とも言えない気持ちになる。

・「原作クラッシュ」と危惧する声も

なお、『秒速5センチメートル』は、中国のアニメファンの間でも「神作」として親しまれており、エンタメ系のサイトでは「また原作クラッシュ」と危惧する報道も出ている。果たして、どうなってしまうのか……。なお、タイトルは『秒速5厘米』。まんま秒速5センチメートルの中国語訳だ。

参照元:人民網新浪遊戯国家新聞出版広電総局(中国語)