・新型ロボットの名前は「Spot Mini」

ボストン・ダイナミクスが発表したその新型ロボットの名前は『Spot Mini(スポットミニ)』である。以前、当サイトでもご紹介した「Spot(スポット)」の小型版にあたるロボットのようだ。

・親しみやすい雰囲気

動画でスポットミニを見ると、 “ミニ” というだけあって、足は細く、胴体の部分もかなりコンパクト。どことなくデザインも洗練されたような印象で、これまでのゴツゴツしたイメージと違い、親しみやすい雰囲気となっている。

・収納可能な「アーム」を搭載

スポットミニの最大の特徴は、収納可能な「アーム」を搭載している点にある。動画の49秒あたりでアームを伸ばした状態を見ることができるのだが、まるで首の長い恐竜の骨のように見えて、この状態だとやはりちょっと不気味だ

この収納可能なアームは先端がくちばしのようになっており、力加減の難しいガラスのコップや、アルミのなどを口にくわえて運ぶことが出来るらしい。さらには本体が倒れてしまった時も、このアームを使えば起きあがることも可能なのだそうだ。

・いつかAIBOのようなロボットが誕生するかも

これまで「不気味でキモチち悪い」と話題になっていた同社のロボットだが、このスポットミニに関しては動きも自然で、アームを畳んだ状態でなら犬の形に見えなくもない。

なぜか急に親しみやすいデザインへと進化した、このボストン・ダイナミクスのロボット。もしかすると、かつて流行したAIBO(アイボ)のような可愛いらしいロボットが、いつかこのボストン・ダイナミクスから誕生するかもしれない。

参照元:YouTube