・屁を自在に出せる芸人

その人物は、芸名を「ミスター・メタン」という。名前からして屁の匂いがする彼はイギリスの芸人で、肛門外括約筋を自在に調節することにより、屁を音のように操れるという。つまり、彼の肛門は一種の楽器であり、そのパフォーマンスはボイパならぬ “アナパ”、もしくは “アヌパ” と言ったところだろうか。

そんな彼が、2009年に『Britain’s Got Talent』に出演。アナパをテレビで披露することになった。しかし……全員に大ウケ、というワケにはいかなかったようだ。笑っている人もいるが、引き気味の人も。審査員も同様だ。笑顔の人がいる一方で、不快感を露わにしている人もいる。

そして結果は……不合格。しかも1人の審査員から「気色悪いヤツ」とコメントされてしまう。アナパは受け入れられなかったのだ。

・YouTubeで確認できる

YouTubeで公開されている動画「Mr Methane – Britain’s Got Talent – Show 5」では、そのパフォーマンスの一部始終を見ることができるので、知らなかった人は是非とも一度目に焼き付けて欲しい。彼の強心臓っぷりを。彼がアナパを武器に戦った勇姿を。そして、勝負には負けたものの、芸人としては勝った瞬間を。

参照元:YouTubeMr. Methane(英語)、weblio