その1:手荷物の追加料金を支払う……
旅行情報を専門に扱う『Skyscanner』が伝えていたこの方法。夫婦で旅をしていたある人物は、手荷物が多すぎて1600ドル(約18万円)もの追加料金を支払うはめになったそう。しかし大金だったからか、ビジネスクラスにアップグレードしてもらえたということだ。

その2:早くチェックインする
こちらも『Skyscanner』社員の実体験。社員とその奥さんが、かなり早い時間にチェックインしたときの話だ。カウンターで「ファーストクラスに、たまたま2つ空席があります。お客様が1番早くチェックインされたので、特別に無料でアップグレードいたします」と告げられたのだとか。しかしチェックインのタイミングは関係ないとの声も聞かれる。

その3:常連になる
Redditユーザー iOwn さんは「特定の飛行機会社を頻繁につかう“常連 = 上級会員” のほうが、アップグレードのチャンスは多く巡ってくる」と語っている。

年間5万マイル以上貯まるほど飛行機を使っているという iOwn さん。まずは搭乗の約48時間を過ぎると、航空会社から「ビジネスクラスにアップグレードができる」とのメールが送られてくるのだとか。

その後ビジネスクラスの席が余っていた場合にのみ、他の乗客にもアップグレードできる機会が与えられる模様。iOwn さんは「客離れ防止のため、常連客を優先するのは当たり前では」と書いており、この意見に同意する Redditユーザーも多かった。

その4:直接お願いする
『indy100』などが伝えていた方法。たしかに素直に、「無料でアップグレードできますか?」とお願いすれば、万が一にも聞き入れてもらえる可能性もありそうだ。けれども『Skyscanner』は、実体験でもってこれを否定。

「いつもダメ元でアップグレードをお願いするけれど、受理されたことは1度もない」、「ハネムーンで飛行機に乗ったときの話。空席も多かったので、ハネムーンだからとアップグレードをお願いしてみたけれど、聞いてもらえなかった」という……。

その5:身なりを良くしておく
「身なりを良くしておくと、アップグレードしてくれる可能性がアップする」というのは、昔からよく耳にする方法だ。色々なメディアが報じていることから、今でもこの方法は健在らしい。しかし、ビジネスクラスにアップグレードされた経験を持つ沢井メグ記者は、「特に身なりがキチッとしていたわけではなかった」と語っている。うーむ……。

その6:一人旅をする
ファーストクラスやビジネスクラスに1つだけ空席があるとき、一人旅をしている乗客にアップグレードのお声がかかりやすいそう。カップルや家族連れなら、誰がアップグレードするかでケンカになっちゃうもんね! ちなみに先述の沢井記者がアップグレードを受けた際は、一人旅だったそう。

その7:オーバーブッキングが起こったら、次の便に乗る
多くのメディアがおススメしていた方法。オーバーブッキングなどで、航空会社から「お客様の中で、他の便に乗っていただける方はいらっしゃいますか?」と聞かれたら、率先して手を上げてみよう。到着は遅くなるかもしれないけれど、交渉次第でアップグレードできるようだ。

その8:太る
『Skyscanner』が掲載していた体験談に、「太っていた元夫は、よくアップグレードを受けていた。私はエコノミーのままだったのに!」というものがあった。太っていたことと、アップグレードされたことの因果関係は明らかにされていない……。

──以上である!!

他にも「マイレージの上級会員になる」「ビジネスクラスが空いている時期に旅行する」「泣き落とし」などの方法も紹介されていたぞ! さ~て、これらの方法を全部試せばアップグレードできるかも……しれないね!

参照元:SkyscannerRedditindy100Inc.comMarket Watch(英語)