・あくまで個人の経験

あらかじめ断わっておきたいのは、記者も実のところ、フォロワーの増減のメカニズムについてはよくわかっていないということ。特に “増” については「なんで増えてるんだろう?」と思うこともしばしばで、いまだに明確な答えは持ち合わせていない。

ただし、統計を取っているわけではないので正確な数字まではわからないが、「なんか妙に減ってない?」ということは稀にある。今回ご紹介するトップ4は、その経験に基づいたものだ。それではご覧いただこう。

・劇的にフォロワーが減る投稿第4位:「おじさん」

当編集部はおっさんだらけなので、必然的におっさんの投稿が多いのだが、あまりにもおっさんを連発すると、フォロワーさんもゲンナリしてしまうらしい。もしあなたがおっさんの場合、注意が必要だ。

パイセン、どういうつもりですか? #こんな素敵な職場です

A photo posted by PKサンジュン (@p.k.sanjun) on

・劇的にフォロワーが減る投稿第3位:「おじさんの裸」

先述の通り、当編集部はおっさんだらけである。そして社風として? 脱ぐ機会も多い。それを理解してくれる人がほとんどだが、中には「おっさんの裸なんて見たくない!」という人も少なくないようだ。世のおっさんたちよ、裸体をインスタに投稿するのはリスキーだぞ。……俺はこれからも投稿するけど。

羽鳥さんのジャケットを着てMTGに出てたのに、約35分間気付かれなかった。

A photo posted by PKサンジュン (@p.k.sanjun) on

・劇的にフォロワーが減る投稿第2位:「変態仮面のコスプレ姿」

これは減った。かなり減った。特に海外のフォロワーさんからは不評だったようで、1時間で10人ほどフォロワーが減った。ただし、その後は徐々に回復したので、むしろ興味を持ってくれる人も多いようだ。

#変態仮面 になった。親兄弟はいいけど親戚には見せられん……!

A photo posted by PKサンジュン (@p.k.sanjun) on

・劇的にフォロワーが減る投稿第1位:「鼻毛」

編集長のGO羽鳥は女性人気が高い。なんならGO羽鳥の画像だけに「イイネ!」するフォロワーさんもいるほどだ。そんなGO羽鳥から「白髪の鼻毛」が飛び出していたので投稿したところ、1時間で20~30人もフォロワーが減った。真面目な話「インスタ……バグった?」と思うほどの勢いだったから、くれぐれも不潔な写真の投稿は控えよう。

──以上である! 記者という性質上、あまり参考にはならないかもしれないが、「おじさん連発」「おじさんの裸」「不潔な画像」は確かに愉快なものではない。フォロワーを減らしたくない人は、気を付けよう。