・バンソウコウと消毒用エタノール

この方法はサントリーのホームページに公開されているものだ。用意するものはたったの2つ。ひとつがガーゼに薬剤のついていないバンソウコウ。もうひとつが、消毒用エタノール(消毒用アルコール)だ。

alcholpatch2

バンソウコウのガーゼ面にエタノールを2~3滴落とす。それを上腕の内側に貼って、7分待つ。そして7分後に、ガーゼの当たっていた場所の肌の色を見る。さらに10分後に同じ場所の肌の色を見るのである。

alcholpatch3

・5人でテスト

当編集でこのテストをやってみた。テストに参加したのは、私(佐藤)と和才・サンジュン・原田・瓦野の5人である。私と和才、サンジュンはお酒が弱いと自負している。特に和才は、飲みに行っても基本は1杯。それ以上はあまり飲まない。佐藤とサンジュンはお酒を飲むと、すぐに顔に出るタイプである。一方の原田と瓦野はお酒が好きで、毎日のように飲んでいる。

・7分後、さらに10分後に確認

7分後バンソウコウを外した時に、肌が赤くなっていたら、お酒が飲めない体質。さらに10分後肌が赤くなっていたら、お酒に弱い体質ということになる。肌の色に変化がなければ、お酒に強い体質ということだ。

alcholpatch4

・7分後

7分後にバンソウコウを外してみると、予想通り私とサンジュンは肌が赤くなっていた。弱いと自負する和才は意外にも赤くなっていなかった。原田と瓦野は肌色の変化がない。原田に至っては、バンソウコウの接着面は赤くなっているのに、ガーゼの部分だけが赤くなっていなかった。

alcholpatch8

・その10分後

外してから10分経過。佐藤・サンジュンは赤いまま。外したばかりの時には、肌の色に変化が見られなかった和才も、ほんのりと赤くなっていた。

alcholpatch12

この3人はやはりお酒が飲めない、もしくは弱いということになるのではないだろうか。

alcholpatch11

・お酒は適度に

一方、お酒に強いと自覚のある原田と瓦野は、10分経過しても変化はなかった。

alcholpatch14

なお、サントリーのページによると、飲み過ぎが問題になるのは、お酒に強い体質なのだとか。弱い人よりも、うかつに飲み過ぎてしまうのかもしれない。いずれにしても、お酒は適度に摂取し、適量で楽しく飲むのが良いのではないだろうか。これを参考にして、楽しいお酒を楽しみたいものである。

参照元:サントリー 「アルコールの代謝の体質が簡単にわかるパッチテスト