・おはらい町で発見

伊勢神宮の内宮ほど近くにある、おはらい町。古き良き街並みは最高のロケーションで、内宮を訪れた人のほぼ100%がおはらい町を散策することだろう。飲食店や甘味どころが多く立ち並ぶ中、おみやげ屋の数もかなり多い。

記者が『伊勢海老アイス』(税込500円)を発見したのは、内宮からおはらい町に入ってすぐのお土産店である。期間限定と書いてあることよりも、『伊勢海老アイス』という強烈なインパクトに心を奪われてしまった。

・マズいとは思いつつも……

伊勢海老……アイス。普通に考えればマズイに違いない。だが「絶対マズイでしょ! ウマいわけないでしょ!!」と言いつつも、商品として提供されている以上、「普通に食べられるクオリティだろ」とタカをくくっている自分もいた。いわゆる「押すなよ! 絶対に押すなよ!!」の理論である。

だが結論から申し上げると、この伊勢海老アイスはガチでマズかった。期待通りなのか、それとも期待を裏切られたのかもわからないほどの強烈なマズさで、ただひとつハッキリしていることは、記者の心に『伊勢海老アイス』が深く刻み込まれたということだけである……。

・2段階トラップ

その伊勢海老アイス、見た目は一般的なソフトクリームだ。最初は「あれ? 全然ウマいじゃん! むしろバニラじゃん!!」と思っていたのだが……実は2段構造になっており、ソフトクリームに見えた部分は、本当にソフトクリームであった

問題はソフトクリームを食べ進めていくと登場する下層部分で……これが激しくマズい。凍った伊勢海老の身は原型をとどめており、伊勢海老としては美味しそうである。だが実際はミルク風味で甘く味付けされており、恐ろしいほど生臭い。こ、これは……!

・逆に一度は食べて欲しい

ソフトクリーム部分はウマい。コーンもウマい。だが伊勢海老アイスの部分は本当に生臭い。「何が期間限定だ、コラ!」と毒づきたくなるほどの絶望的なマズさである。……これは逆に一度は絶対に食べるべき! むしろ積極的に人に薦めたくなる清々しいマズさであった。

ただし、もし小さいお子様が食べたら、伊勢海老もアイスも嫌いになってしまうかもしれないほどの強烈な破壊力があるから、チャレンジの際はくれぐれも注意してほしい。おはらい町に出かける諸君……健闘を祈る!