・ポテトチップスを「第4の朝食」に

コイケヤの発表によれば、今回のトースト味と牛乳味は “朝食” をテーマにしているらしい。大胆にもコイケヤは、ポテトチップスを、パン・米・グラノーラに次ぐ「第4の朝食」として育てあげようというのだ。

実は「バナナ味」も「桃味」も朝食を狙っていたとのことだが、残念ながら普及活動には失敗。その反省を踏まえ あらゆる食材との融合を試みた結果、送り出されるのが『トースト味』と『牛乳味』だという。

・味にも自信があるらしい

社内の反対派からは「なんで出す? なんで出す?」との意見もあったとのことだが、ポテトチップスを「第4の朝食」として定着させるという強い決意のもと開発された2商品は、かなりの自信作とのことである。

……なぜ『トースト味』と『牛乳味』でそこまで自信満々なのかはさておき、その気高いチャレンジ精神自体には敬意を表したい。「スナック市場に “ジャガイモベーション” を起こす!」と気合いも十分だ。……『トースト味』と『牛乳味』で勝負する理由は謎だけど。

・ミラクルは起きるのか?

とにもかくにも味が気になるポテトチップス『トースト味』と『牛乳味』は2016年5月30日に発売だ。暴走で終わってしまうのか? それとも奇跡が起きるのか? 発売日を楽しみに待ちたい。

参照元:コイケヤ「ニュースリリース」