・朝日新聞が公開

朝日新聞が公開したサービスは、「都道府県」「市区町村」「丁目」までの3項目を選択すれば揺れやすさの目安(表層地盤増幅率)、地形の種類などが表示されるというシンプルなもの。地震の想定主体は各都道府県とのことだ。

さっそく試してみると、「揺れやすさの目安の数値」と「地形の種類」が表示された。数値だけではイマイチピンと来なくても、「場所によっては揺れやすい」「特に揺れやすい」などと補足されるから、雰囲気的な地盤の揺れやすさはわかることだろう。

また、地形の種類も「谷底低地」や「ローム台地」などと表示されるから、揺れやすさに興味はなくても、「自分の住む土地の地形の種類」だけでも知りたいときに重宝するに違いない。

このサービスはPCにもスマホにも対応しているから、興味がある人は一度試してみてはいかがだろうか。

参照元:朝日新聞