【悪徳アフィリエイトセールス40連発】

その1:知らないアドレスから突然メールが届く。
その2:件名「成功者だけが知っている……1日15分の作業で月収50万円稼ぐ方法を大暴露!」
その3:……当然ながら、「嘘つけよ!」と思いながら、興味本位で開封。
その4:「今なら期間限定でメールアドレスを登録するだけで無料で提供します!」
その5:無料? マジか!? じゃあ登録だけしておくか。
その6:登録後、マッハでメルマガが受信される。
その7:そのメールには、「登録ありがとうございます! こちらからプレゼントを受け取ってください!」とのメッセージ。
その8:そのURLをクリックすると、取って付けたような ”成功者もどき” とインタビュアーが動画で登場。
その9:成功者もどきが「今まで私は数億稼いで、数百人をコンサルして全員稼がせた」と力説する。
その10:でも、その成功者もどきのトークの身振り手振りや、しゃべり方が明らかに不自然。
その11:「これだけ稼ぎました!」と言いながら、証拠画像をこれでもか! というほど見せてくる。ちなみに、この画像もよーく見たらかなり不自然。
その12:「それでは、その方法を実演してみましょう!」と、明らかに仕込みと思われる素人風の主婦などが登場。
その13:実践後の素人風の主婦「えっ? これだけで月収50万円も稼げるんですか? これなら私にもすぐできちゃいますね!」とのコメント。
その14:そして「モニターの声」と称して、見た目が貧乏くさい学生やおっさんが、成功者の仲間入り風なコメントを台本棒読み気味で展開。
その15:加えて「給料とは別に月収50万円あったら何がしたいですか?」を、しつこく問いかける。
その16:さらに「1日15分なら、忙しいサラリーマンでも主婦でも実践できますよ」と畳み掛ける。
その17:それでも「1日15分の作業で月収50万円稼ぐ方法」の核心にはまだ触れない。
その18:インタビュアーが成功者もどきに「何でこんな儲かる方法を公開するのか?」を問いかける。
その19:その質問に成功者もどきが自分の生い立ちが、いかに壮絶だったかを語りだす。
その20:そのうち「成功する前は道端の草を食べて生き延びた」と、かなり飛躍したストーリーに発展し、途中で号泣。
その21:最終的には「日本の貧困層を無くして、経済の活性化させたい!」などと政治家のマニフェストみたいなことを言い出す。
その22:そんな痛い内容の動画を紹介したメールが、4~5回に分けて配信される。
その23:そして最初のメルマガ登録から数日後……。メールで「ついにその方法を暴露します!」←キター!!
その24:「この ”1日15分の作業で月収50万円稼ぐ方法” ですが、本来なら100万円で提供する予定でした」
その25:そんな高額の無料で公開してくれるのか!
その26:「な、なんと……¥498,000で提供します!」
その27:……。無料じゃなかったっけ?
その28:「ただし¥498,000は一般の方には高額だと思います。一般サラリーマンの給料2カ月分ですからね……」
その29:当たり前だろ! っていうか無料じゃないの?
その30:「一人でも多く稼いでいただきたい……。なので、今から3日後の23:59までの限定特別価格¥298,000で提供します! 3日経過したら一般販売価格に戻りますのでご注意ください」
その31:いや、だからさ……無料って話はどこいったの?
その32:3日後の18時に「あと6時間で特別価格が終了します」のメールが届く。
その33:そして「¥298,000は一括で払えない方のために、なんと6時間限定で最大24回の分割払いに対応します!  1日わずか420円程度で月収50万円稼げるノウハウが手に入るチャンスです!!」とのキラーオファー。
その34:な、なに? 1日わずか420円程度!? タバコ1箱我慢すればいいのか!!
その35:夜23時に「あと1時間でこの特別価格は終了します。目の前のチャンスを棒に振るような貧乏人は一生稼げませんよ!」との煽り。
その36:この煽りに対して「2年の間に月収50万円稼げたら、簡単に元は取れるだろう」とポジティブ思考に変換され、「おお、おおおおお……俺は稼ぐ!!!!(購入ボタンをクリック)」となる。
その37: 数日後、「1日15分の作業で月収50万円稼ぐ方法」のオンライン講義が始まるも、明らかに1日15分どころか6時間やっても、月収50万円どころか、50万ペソも稼げないことが判明。
その38: さらに時間は経過し、稼ぐノウハウ自体、配信の頻度が下がっていく。
その39: 質問や抗議のメールを入れるも、「稼ぐマインドが足りない」と抽象的な返信しかされず、数カ月後には完全に音信不通となる。
その40:その後、会社を調べようと住所を突き止めるも、すでにドロン。ローンだけがむなしく残る……。

──このような流れで、アフィリエイトをはじめとした高額の副業教材が販売されている。最初は「怪しい」と思っていながらも、「もしかしたら、本当に稼げるかも?」という考えにシフトしてしまい、いつの間にか尋常じゃない高額の教材を買わされてしまうのだ!

実はこの手法は、”プロダクトローンチ” と呼ばれる、海外でも有名なオンラインセールスの手法である。簡単に解説すると……

その1:メールアドレスを集める。集め方は突然送られてくるような、スパムメールみたいなものを含め様々。集めたメールアドレスに対して、1件あたり300円~1200円程度の報酬が紹介者に支払われる。(あるあるネタ1~6)
その2:集めたメールアドレスに対して、複数の動画を配信させて、ある程度信用させる。(あるあるネタ7~22)
その3:緊急性を煽るため、期間を設定して、徐々に金額のハードルを低くする。(あるあるネタ23~35)
その4:はい、購入。(あるあるネタ36)

緊急性の部分はある意味、テレビの通販番組の手法に似ているが、こちらは無形の商品を高額で販売するといった、詐欺まがいの手法に利用されるケースが後を絶たない。実際、こんな感じのいかにも怪しい内容の動画を使っても、1回のセールスで、なんと数千万円~数億円稼ぐ業者もいるという。

以上になるが、読者の皆さんはこのような、現実味のない甘い言葉の件名が入ったスパムメールなどを受信しても、興味本位で登録はせずに、迷わず迷惑メールフォルダやゴミ箱フォルダに移動することをオススメする。