・『劉の店』の「鉄道弁当」

台湾好きに愛されている『劉の店』は、錦糸町駅から1分、いや、むしろ息を止めて30秒で着く好立地だ。メニューを見ると、魯肉飯(ルーローハン)に、排骨麺(パイコーメン)、もちろんビールは「台湾啤酒」! どれも美味しそうでワクワクするが、お店の名物は何と言っても「台湾鉄道弁当(税込1026円)」だ。

・台湾の香りたっぷり! テイクアウトもできる!!

台湾の駅弁は、台湾鉄道が提供しているだけでも40種類近く存在する。そのなかでも『劉の店』の鉄道弁当は、最もポピュラーな「排骨便當(パイコー弁当)」だ。

お弁当箱いっぱいに敷き詰められたゴハンの上には、大きな骨つき豚肉、煮卵、たくあん、高菜、キャベツ、そして絹さやがチラリとのせられている。……絹さや! 阿里山・奮起湖の駅弁を思い出すなぁ……もう、何もかもが台湾だ!!

tielubiandang (3)

ちなみに、『劉の店』では、メニューのうち、スープ以外はテイクアウト可能であるそう。もちろん鉄道弁当もだ。桜のつぼみもふくらみ、外もポカポカしていたので、持ち帰って外で食べることにした。

・王道の鉄道弁当

持ち帰り用の丸い容器は、ロゴこそないが台湾鉄道の駅弁みたい! 駅弁と言えども、作りたてのホッカホカだ。冷めないうちに、顔ほどの大きさがある肉をパクっといくと……これは! ハオチィィィィィィッ(好吃:おいしい!)、台湾語なら、ホージャァァァァァーッ!(好呷)

tielubiandang (5)

甘辛く味付けされた排骨はかめばかむほどジューシィ、ほんのり香る八角が台湾を感じさせてくれる。テリっと茶色になるまで煮られた煮卵は王道中の王道。そして、シャキシャキ高菜&たくあん! 漬物類は特別変わった味ではないが、これがあってこそ鉄道弁当である。ンマイ!!

・なぜか懐かしさを感じる味

台湾の駅弁文化は、日本統治時代までさかのぼると言われている。そんな歴史が関係しているかどうかはわからないが、台湾の食材や香辛料が使われているにもかかわらず、嫌なクセなどなく、むしろ「懐かしい」と感じてしまうのは、なぜなのだろうか。非常に好(ハオ)。むしろ、好吃得要命(死ぬほどウマイ)。

『劉の店』の鉄道弁当は、台湾で鉄道弁当を食べたことがある人はもちろん、食べたことがない人にも試してほしい一品だ。いまの季節なら、お花見のお弁当にしてもいいかもしれないぞ!

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 劉の店
住所 東京都墨田区江東橋3-12-5マスカットビル1F
時間 ランチ 11:30~15:00 ディナー 17:00~23:00