・日本公開は2017年7月1日!?

実はすでに、『スター・ウォーズ / エピソード8』の撮影は開始している。公式サイトによれば、アメリカでの公開日は2017年5月26日。日本では同年7月1日公開と噂されているようだ。この1カ月が何を示しているのかは謎……というかストレス以外の何物でもないが、日本のファンにとって長い1カ月になることは間違いない。

『フォースの覚醒』で監督を務めたJ・J・エイブラムスは、今作では製作総指揮を務めることになっており、代わりに監督・脚本を務めるのは「LOOPER(ルーパー)」や「BRICK(ブリック)」などで知られるライアン・ジョンソンとなっている。

・主要キャストは続投

レイ役の「デイジー・リドリー」や、フィン役の「ジョン・ボイエガ」、ポー・ダメロン役の「オスカー・アイザック」など、主要キャストたちは引き続き出演が決定しているそうだから「レイがマジで素敵すぎて泣いた」というファンは安心してほしい。

タイトルやストーリーについては、現時点で一切明かされていないが、まだ『フォースの覚醒』が公開して1週間ばかり。こればかりは気長に待つしかなさそうだ。

・スピンオフ作品『ローグ・ワン』は2017年1月28日!?

ちなみに、実写版映画としてはスター・ウォーズ初のスピンオフ作品、『スター・ウォーズ アンソロジー / ローグ・ワン』の公開も、全米公開が2016年12月16日と決定しており、ネット上では「日本での公開は2017年1月28日か!?」との声もあるぞ。

監督は『GODZILLA(ゴジラ)』のギャレス・エドワーズ監督で、舞台はエピソード3と4の間だという。どうやら、反乱軍たちがデス・スターの設計図を盗み出すストーリーらしく、シリーズ本編とは完全に独立した形になるようだ。

とにもかくにも、水面下では着々と大いなる物語が動き出している。それでも待てないという人には、ルーカスフィルム公認のスピンオフアニメ、『クローン・ウォーズ』がオススメだ。129話もあり、ヨーダを始めとする様々なジェダイが活躍するから、興味がある人はレンタルビデオ屋をチェックしてみてくれよな!

参照元:STARWARS [1] [2] [3]IMDb(英語)