・IKEAが初のファッションショーがミラノで開催!

💅🏼👀👀👀👀👀👀👀👀👀💅🏼

A photo posted by Katie Eary (@katieeary) on

2015年9月23日から28日まで開催されたミラノ・コレクションで、IKEA初のファッションショーを手掛けたのは、デザイナーのケイティ・アーリーとマーティン・バーグストロムの2人だ。

ロンドンを拠点とするアーリーは、カラフルで過激なデザインを特徴とするデザイナーで、一方のバーグストロムは、前衛的でミニマムなラインが印象的なデザインを手掛けるデザイナーだ。そんな対照的な2人がコラボしたショーは、IKEA感タップリな演出も見られる仕上がりとなっていたのだ。

・IKEA感タップリなショーは大成功!!

まずショーでは、バーグストロムのデザインを身にまとったモデル達がキャットウォークに登場し、前衛的なパフォーマンスで観客を魅了していた。それが終わると、ステージにテーブルが運び込まれ、目玉おやじマスクを被ったモデルが、2人のデザインによるランプシェードや食器をテーブルに配置し、IKEA感を演出。

すると、今度はアーリーのカラフルなデザインを着たモデルが登場し、ステージに花を添えていた。こうして、25分ほどのショーは観客の拍手喝采に包まれ、大成功のうちに幕を閉じた。

・デザイナー2人によるインテリアが店舗で販売開始!

アーリーがプロデュースするインテリアは、2016年春からアメリカで発売開始予定で、バーグストロムのシリーズは同年秋からの販売開始となるとのこと。今のところ、IKEAはファッションラインを展開していないため、衣類や服飾品がIKEA店舗で買えるようになるのは、もう少し先になりそうだ。

筆者もIKEAが大好きでしょっちゅう行っているので、オシャレな衣類まで買えるようになったら、もっと足を運ぶ機会が増えそうである。個人的に目玉おやじのデザインは、遊び心を出せる文房具やナプキンなどの小物に使用してくれたら嬉しいところだ。

参照元:Instagram @katieearyYouTubeMashable(英語)