・にんにく尽くしの5日間

『ガーリックパラダイス2015』は、2015年9月25日から9月29日まで開催されている、“にんにくフェス” 的なイベントだ。出店している9店舗・計23の料理は全てに にんにくが使用されているから、まさに「にんにく尽くし」の5日間といえるだろう。

開催初日はあいにくの雨模様だったものの、来場者は押し寄せるにんにく料理に舌鼓を打っていた。今回筆者も4種類ほどの料理を食べてみたので、順番にご紹介したい。

・はじめの一っぽ「特大! 福地ホワイト6片 にんにくの丸揚げ」

にんにくの最高級ブランド「青森産・福地ホワイト」を丸揚げにしただけの一品。丸みを帯びた濃厚な香りはもちろん、ねっとりとした舌触りもめちゃめちゃウマい! ダイレクトににんにくを味わいたい人にオススメだ。

・スペインクラブ「ガーリックパエリア」

大量のにんにくと炊かれたサフランライスに、ガーリックチップをあしらった にんにくまみれのパエリア。肉ものっているが、あくまで主役はにんにくである。口に運べば、米粒の隅々にまで にんにくが染み渡っていることがわかるだろう。

・福盛楼「鶏肉と丸ニンニク山椒唐辛子炒め」

にんにくの存在感は言うまでもなく、山椒の後味が刺激的な中華料理。クセになるウマさで、ビールのつまみにはピッタリである。酒飲みには強烈にオススメしたい。

・クラブハウス エニ「特製ガーリックシュリンプ」

殻ごと食べられるようカリカリに揚げられたエビは、こちらもビールのつまみに最高。にんにくとスイートチリソース風味の味付けが後引くウマさだから、食べ過ぎには要注意だ。

・「ブレスケア」のサンプリングも

基本的にはどの料理も、にんにく様の主張がハンパない。つまり……超ウマい! においは気になるところだが、会場では「ブレスケア」のサンプリングも行っているから、後先考えずに食べ続けよう。その際、「超大量のにんにく様にブレスケアで勝てるのか?」を考えたら負けである

今回注文した料理は、全て税込800円だ。料理は600円・800円・1000円・1200円の4種類があり、券売機制になっているぞ。にんにく様が主役なので、それだけでウマいに決まってる「ガーリックパラダイス2015」……。気になる人は、後先考えずに出かけてみてはいかがだろうか。

参考リンク:ガーリックパラダイス2015