D2ちゃんねる情報局

~~




最新記事
おすすめ記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼氏に愛され続けるための「ちょっとした工夫」8パターン

好きで好きで、ずっと一緒にいたい彼氏。しかし付き合いが長くなってくると、どんなに想いが変わらなくても、付き合い始めたころと同じテンションを保つのが難しくなってくるのも事実です。そこで今回は『オトメスゴレン』読者の女性を対象に、「彼氏に愛され続けるためにしている工夫」を大調査!世の女性たちがどんなことを心がけているのか、参考にしていただければと思います。





  • 【1】「好き」と言葉にして伝えること

    「無口な彼氏に代わって、こちらから愛情表現することで、ラブラブな雰囲気を演出できます。」(20代女性)、「久しぶりに『好きだよ。』と言ったら、付き合い始めたころみたいに彼氏が照れ始めた。」(10代女性)など、ふたりの間の甘い空気を保つために「好き」という想いを言葉にして伝える女性は多いようです。一方、「『わたしのこと好き?』と聞いたら『何度もしつこい!』と怒鳴られた。」(20代女性)というように、相手に「好き」と言わせようと無理強いすると、嫌がられてしまうおそれがあるので、気をつけましょう。

  • 【2】「メイク中の姿を見せない」など、適度な緊張感を保つこと

    「付き合いが長くなると、空気みたいな存在だと思われてしまう。いつまでも『男と女』の関係でいるためには、適度な緊張感が必要。」(30代女性)とする意見は非常に多く、「自宅で会うときにも、ちゃんとした格好をする。」(20代女性)、「メイク中の姿は絶対に見せない。」(10代女性)、「足で扉を閉めるような、ものぐさっぽい動きを封印。」(20代女性)など、女性によってさまざまなこだわりが寄せられました。とはいえ「がんばりすぎると疲れてしまうので、ほどほどに。」(20代女性)というのがポイントのようです。

  • 【3】お互い疲れているときでも、笑顔を忘れずにいること

    「お互い疲れていると、言葉もとげとげしくなりがちなので、あえて笑顔を心がけるようにします。」(30代女性)、「一緒に落ち込んでいても仕方がないときは、率先して明るく振る舞うようにします。」(20代女性)など、ふたりの間に流れる空気を「笑顔で変える」というワザは、多くの女性が実践しています。「なんだかんだいって男の人は、笑顔で待っている女性のところに帰ってくる。」(20代女性)という意見もあるように、多少のことには動じず、笑顔で受け止めてくれる女性は、男性にとって安心できる存在に違いありません。

  • 【4】「ほかの男性とふたりきりで会う」など、浮気を疑われるような行動を慎むこと

    「男友達の恋愛相談に乗っていただけなのに、浮気を疑われて大変だった。」(10代女性)、「以前からの習慣で携帯にロックをかけていたら、『やましいことでもあるわけ?』と詰問されてうんざり。」(30代女性)など、猜疑心の強い男性と付き合っている場合には、それなりに気を回して行動しないと、面倒な事態を引き起こしかねません。「彼氏を疑心暗鬼にさせないために、身の回りの出来事を全部報告するようにしています。」(20代女性)というように、相手によっては日ごろから信頼関係を築く努力が必要なこともあります。

  • 【5】「メールにハートマークを必ず入れる」など、付き合い始めたころの純粋な気持ちを忘れないこと

    「ずっと一緒にいると、『言わなくてもわかるだろう』と接し方が雑になりがちなので、何かしてもらったら『ありがとう。』と心を込めて感謝するようにしています。」(20代女性)など、「初心を忘れない」ことを挙げる意見も多くみられました。「『いまさら小細工しなくても』と思いつつ、彼氏のテンションが上がるのは目に見えているので、メールにハートマークをたくさん入れます。」(10代女性)というように、相手の喜ぶ顔が見たいというシンプルな気遣いが、新鮮な関係を続けるための秘訣であることは間違いなさそうです。

  • 【6】彼氏の家族や友達の悪口を言わないこと

    「旅行トランクを貸してあげたのに、お土産も買ってこない彼氏の弟を『非常識では?』と指摘したらムッとされた。」(30代女性)、「彼氏の友人を『オタクっぽいよね。』と言ったら、心外そうにされた。」(20代女性)など、相手の身内や友達に対する本音は、必ずしも好意的に受け止められるとは限りません。ただし「彼氏の母親に『四国の人ってお雑煮にあんこのお餅を入れるんでしょ。変よね。』と笑われて不愉快!」(20代女性)というように、極端に嫌な思いをした場合は、正直に気持ちを打ち明けたほうがいいかもしれません。

  • 【7】「生活の中心が彼氏」という寄りかかり方をしないこと

    「好きで好きで仕方がなくて『生活の中心が彼氏!』みたいに思っていても、それを負担に感じさせていたら、いつか逃げられる。」(10代女性)、「好きな人のそばにいたい気持ちはあるが、安易に『結婚』をにおわせるのは危険。」(20代女性)など、「重たい女」だと思われないために、自重を心がけているという意見も多くありました。「精神的に自立していないと、対等に向き合えない。」(20代女性)というように、一方的に寄りかかろうとせず、自分の足でしっかり立っていることで、より固い信頼関係が結ばれるのだと思われます。

  • 【8】「魅力的な女性」であり続けるために、おしゃれや自分磨きの手を抜かないこと

    「付き合って2年経っても、デート前日の顔パックと唇パックは欠かせません。」(10代女性)、「自分のほうが年上なので、体型維持とスキンケアは必須!」(30代女性)など、外見に磨きをかけるのはもちろんのこと、「彼を飽きさせないために、話題の本をチェックするなど、知識の吸収に努めています。」(20代女性)というように、精神面の充実をはかる女性も少なくありません。こうした努力は彼氏を喜ばせるだけでなく、自分自身の財産としても身に付くはずなので、恋愛がもたらす大きな効用だといっても過言ではないでしょう。

共感できる意見や、すぐに実践できそうなことはありましたか?女性のキャラクターや男性との関係によって、ほかにもさまざまな「工夫」が考えられると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
D2ちゃんねるとは?

D2ちゃんねる情報局とは、世の中の気になるニュースをぎゅっとまとめたしぼりたてのニュース発信元です。D2ちゃんねるがあつめた優秀な記者集団が常時ネタを追っています。






<






名人ブーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。