・本当にプッチンプリンの味なのか?

『プッチンプリンオーレ』は、グリコ乳業が手掛ける期間限定商品である。価格は1本税別105円だ。プッチンプリンの特徴である「バニラの香りと練乳の甘さ」はそのままに、生乳のコクを加えて仕上げられているという……。なるほど。

とはいえ、言うのは簡単。問題は「本当にプッチンプリンを飲んでいるような味」になっているかどうかである。そこで一番手っ取り早く、『プッチンプリンオーレ』と『プッチンプリン』を飲み比べてみることにした。

・かなり甘い「飲むプッチンプリン」

まずは『プッチンプリンオーレ』から。一口飲むだけで……あまぁぁぁぁあああーーーい! 1日5本飲み続けたら、俺ごとアリに運ばれてしまうのでは? というほど甘い。味はプッチンプリン……である、おそらく。

正直、しばらくプッチンプリンを食べていないからわからないが、確かに近い気はする。次にプッチンプリンをよーーーくシェイクしてから、ストローをさして飲んでみた。すると……。

・飲み比べた結果……

ちかぁぁぁぁあああーーーい! てか全く一緒だ!! ゼラチンでとろみがある分、ノド越しは違うが、それを考慮しても「マナカナ」くらいの違いしかない! これは本当に “飲むプッチンプリン” や!! グリコさん……疑ってごめんなさいッ!!

激しい運動をした直後などには向かないが、涼しくなってきたこの時期、おやつを兼ねて飲むにはちょうどいいだろう。“飲むプッチンプリン” の名に偽りなしだから、興味がある人はぜひチェックしてほしい。

参考リンク:グリコ乳業「プッチンプリン」