D2ちゃんねる情報局

~~




最新記事
おすすめ記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子に対して「家庭的でいいな」と感じる瞬間8パターン

「家庭的な女の子」という言葉には、男性の心をときめかせる独特の効果があるようです。たとえ男勝りにバリバリ働く女性でも、家庭的な一面を持つことがマイナスに働く場合は少ないはずです。そこで今回は『スゴレン』読者の男性を対象に、「女の子に対して『家庭的でいいな』と感じる瞬間とは?」というテーマで意見を寄せていただきました。男性たちの本音をまとめてご紹介します。





  • 【1】バッグの中身や机の上がきちんと整理されているとき

    「整理整頓が身に付いている人は、家の掃除もきちんとしているように思う。」(20代男性)、「バッグの中身をきっちり整理している女性は、家の冷蔵庫のなかもキレイにしていそう。」(20代男性)など、片付けをする習慣や能力を「家庭的であること」と結びつけて考える人は少なくないようです。「職場のデスクの引き出しに、食べかけのパンを1週間入れっぱなしの後輩。コイツの部屋はすさまじそうだと引いた。」(30代男性)というように、普段の何気ない行動を見て「NG」と判断されることもあるので、注意しましょう。

  • 【2】ブラウスやハンカチに自分でアイロンをかけているのを知ったとき

    「シワのないシャツをビシッと着こなしている女性は、仕事ができそうに見える。そのうえ、自分でアイロンをかけていると知り、『家庭的な一面もあるんだ。』と感心。」(20代男性)というように、「身ギレイさ」と「マメさ」の二段階で評価する意見が寄せられました。「ひとり暮らしの僕は、ワイシャツをクリーニングに出すのがあたりまえ。同僚女性が自分でアイロンがけをすると聞いて『彼女と結婚したら、ずっとお願いできるんだな。』と妄想しました。」(30代男性)など、具体的な生活を想像させる効果もあるようです。

  • 【3】エチケットブラシなど、男性は持ち歩かないような小物をカバンにしのばせていたとき

    「ジャケットに付いたほこりを見かねて、エチケットブラシでキレイにしてくれた女友だち。『そんなものまで持ち歩いているのか』と一目置いた。」(30代男性)、「バーベキューで手がベトベトになったとき、隣にいた女性からウエットティッシュを勧められた。男はそこまで気が回らないから、『さすがだ』と思った。」など、女性ならではの持ち物に対して「気が利く」と評価する声が寄せられました。なんでもないものから垣間見える地に足の着いた生活感覚が、男性の目には好ましく映るのかもしれません。

  • 【4】怪我をしたら、絆創膏をさっと差し出されたとき

    「指先を切って困っていたら、バッグから絆創膏をさっと取り出して渡された。『もしもの備え』ができる女性は、家庭を切り盛りするのも得意に違いない。」(30代男性)、「胃の調子が悪いとき、胃薬と水を差し出され、ホロリとした経験があります。」(20代男性)など、「身体の具合が思わしくないとき、ケアしてくれること」について、家庭的な温かさを感じる男性は少なくありません。「包帯を巻くのが上手な女性は、いい母親になりそう。」(20代男性)など、女性の行動に対して「母性」を期待する場合もあるようです。

  • 【5】子どものあやし方が上手だったとき

    「子どもと話すとき、その子の目線の高さまでさっとかがんだ彼女の振る舞いに『きっとすてきなママになる。』と予感した。」(20代男性)、「よその子どもと無邪気に遊ぶ彼女を見て、この人とならいい家庭を作ることができると思った。」(20代男性)というように、女性が子どもと接する様子から、「将来の家庭」に思いをはせるパターンです。「なんだかんだ言って、男は子ども好きの女に弱い。」(10代男性)という意見もあり、母性的な優しさにほだされるタイプの男性にとって、「子どもあしらい」は重要なポイントなのかもしれません。

  • 【6】「コーヒーかすには脱臭効果がある」など、家事の小ワザに詳しかったとき

    「『玄関を掃くときは茶殻をまくといい』『コーヒーかすには脱臭効果がある』みたいな小ワザをよく知っている女性には『おっ』と思う。」(20代男性)、「重曹やクエン酸を使ったエコな掃除を心がけていると聞くと、家事のレベルが高いと感じる。」(30代男性)など、生活の知恵に長けている女性は、「関心があるからこそ、詳しい」と見なされる場合があります。ただし「掃除法にうるさい彼女の部屋が、汚くてガッカリした。」(20代男性)というようなボロが出ると台無しなので、言うからには実践することが必要です。

  • 【7】裁縫セットを取り出して衣服のほつれを直したとき

    「シャツのボタンをあっという間に付け直してくれた職場の女性。手際の良さもさることながら、針と糸を携帯していることにも感動した。」(20代男性)、「縫い物って男にはハードルが高いので、上手にぱぱっとできる女性は尊敬します。」(20代男性)など、「自分にはできないことなので」という点が、評価を集めているようです。「家事なんかぜんぜんしなさそうな女の子がソーイングセットを持ち歩いていたら、ちょっと見直す。」との声もあり、「縫い物ができる」ことのアピール効果は、女性が想像している以上に高そうです。

  • 【8】お弁当を自分で作っているのを知ったとき

    「自分でお弁当を手作りしている女の子は、やっぱり家庭的で好印象。」(20代男性)、「ランチタイムに広げているお弁当が、その人の手作りだと知ると、どんな味がするのか気になって仕方がない。」(30代男性)というように、「手作りのお弁当」に関心を寄せる声は非常に多く、「結婚するなら、何をおいても料理上手な人がいい。」(20代男性)など、「自分も食べる」ところまで想定するケースが大半のようです。「男心をつかむには、胃袋から」とはよく言いますが、あながち的外れではないのかもしれません。

参考になりそうな意見はありましたか?気になる男性へのアピールとして、すぐに実践できることから始めてみて、損はないと思います。女性のキャラクターによって、「家庭的である」ことを効果的に示す態度や行動は、ほかにもあると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

D2ちゃんねるとは?

D2ちゃんねる情報局とは、世の中の気になるニュースをぎゅっとまとめたしぼりたてのニュース発信元です。D2ちゃんねるがあつめた優秀な記者集団が常時ネタを追っています。






<






名人ブーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。