・倒れた少女に悪霊払いが施されるものの……

信じられないような騒動が起きたのは、南米ホンジュラスのラ・エントラーダ。16歳で妊娠3カ月だったネイシ・ペレツさんが自宅にいた時、近くで銃が発砲する音を聞いてパニックを起こした彼女は、意識を失って倒れてしまった。

だが、泡を吹いて倒れているネイシさんを見た信仰深い両親は、娘が悪霊に憑りつかれたと勘違いし、地元の神父に悪霊払いを頼むことに。だが、悪霊払いの途中で少女の息が無くなったため、大至急で病院に搬送されたとのこと。

・葬式の翌日に墓の中から叫び声が!

そして、ネイシさんは延命装置につながれたが、3カ月後に医師が死亡を宣告。ウェディングドレス姿で埋葬された少女の葬式の翌日、彼女の夫ルディーさんが墓を訪れると、コンクリートの墓石の中から、ドンドンと叩く音とくぐもった叫び声が聞こえてくるではないか!

そこで、家族や友人が総出で墓を掘り起して少女を病院へ搬送するが、家族の望みもむなしく再び死亡が確認されたという。

・墓から掘り起こされたものの再び死亡

墓地の作業員も、確かにネイシさんの墓から叫び声が聞こえてきたと証言し、墓から出ようともがいたからか、彼女の額や指には傷痕が残っていたそうだ。

最後に少女を診断した医師は、「パニック発作を起こして少女の心臓が停止したか、全身の筋力が抜けてしまう情動脱力発作(カタプレキシー)を起こしていた彼女を、医師が死亡したと勘違いしたのではないか」と見解を述べている。

もう少し早く救出されていたら、ネイシさんが助かっていた可能性はあっただろう。それだけに、束の間の喜びを味わった少女の家族が、再び深い悲しみに包まれてしまったとは残念である。

参照元:Facebook @PrimerImpactoMail OnlineDAILY NEWSMirror(英語)